杉野眼科<福岡市博多区> - 白内障・緑内障等日帰り手術|質の高い眼科手術を提供いたします 
 
 

手術のご案内
お問合わせ先
※診療時間内にご連絡ください
※電話予約は承っておりません
〒812-0017
福岡市博多区美野島4-5-3
竹下駅より徒歩7分 駐車場あり
当院についてはもちろん眼の事でご相談があればお気軽にご連絡ください


眼瞼下垂手術は加齢等によって「まぶた」が下がってくる病気です。一般的に眼科で見えづらくなる病気として白内障が最も多い疾患です。
それゆえ、多くの眼科では白内障手術を行っていますが、逆に眼瞼下垂症の治療を行っている眼科病院が少ないのが現状です。緑内障などの病気がないのに白内障手術をしても視界が狭いなどの自覚がある方は眼瞼下垂症である可能性があります。手術によって「まぶた」が挙がりますので、術後は視界が広がります。
(脳病変や神経変性疾患、重症筋無力症、眼瞼炎症疾患や眼瞼痙攣等の鑑別にも注意が必要です)


「まぶた」が下がることによって視野障害や視力障害を来して生活に支障がある状態であれば、手術適応と考えます。
まずは脳病変やその他の疾患との鑑別が重要ですが、加齢やハードコンタクトレンズ等の原因によってまぶたが落ちてきて見えづらい、疲れるという症状があれば改善する可能性が高いです。
当院では最新の顕微鏡Zeiss 社製Lumera T® を用いて手術を行います。最新のALCON社製コンステレーション®手術装置のジアテルミーを使用して止血を行い、安全に素早く手術することが可能となっています。

「最小限の侵襲で、最大限安全な手術」を目指して手術を行います。術前に皮膚に痛み止めのテープを塗布して麻酔の際の痛みを軽減するようにしています。麻酔後はほぼ無痛で手術することが可能です。なるべく本体の重瞼線( 二重のライン) を生かすようにして、そこから切開しますので、術後数ヶ月もすると傷はほとんど分かりません。
止血をしっかりすることで術後の腫脹を出来る限り低くするようにしています。当院の術式は眼瞼挙筋短縮術を行っております。糸のみで治療するタッキング方法と違い、やや手間と時間を要しますが、再発しづらく良好な治療成績が得られます。 また、当院では眼瞼下垂の手術に熟練したスタッフと最新技術を用いて安全かつ確実な手術を行っています。
顔の印象が変わります。逆に挙げ具合や眼瞼の形などに微修正が必要ですので、片眼 ずつ手術を行うことをお勧めします。手術終了時に自分の納得のいく挙がり具合や形になるようにすることが大事だと考えています。

当院の術式は最も再発しづらい眼瞼挙筋短縮術を行っており、手術時間は30分~40分程度が目安です。顔と同じように「まぶた」の状態も個人によって大きく異なります。なるべくスピーディーに行うことも大事ですが、しっかり治療することが何よりも大事ですので、短時間かつ精度の高い手術を心がけています。

「まぶた」は最も腫れやすい場所ですので術後は腫れますが、数日で落ち着いてきます。術後「まぶた」を冷やすことで腫れは引きやすくなります。抜糸は1 週間後に行いますが、抜糸自体に傷みはなく、数分で終了します。術後皮下出血等も出ますので、外出される際はサングラスや色付き眼鏡等を装用することをお勧めします。術中の麻酔の影響で、術後に挙げ具合や形が患者様の思い通りにならないこともありますので、その場合は術後1週間以降に微修正を行うことが可能です。