杉野眼科<福岡市博多区> - 白内障・緑内障・ドライアイなど診療内容 
 
 

診療内容
お問合わせ先
※診療時間内にご連絡ください
※電話予約は承っておりません
〒812-0017
福岡市博多区美野島4-5-3
竹下駅より徒歩7分 駐車場あり
当院についてはもちろん眼の事でご相談があればお気軽にご連絡ください


飛蚊症
眼の中には硝子体というゲル状のゼリーが入っています。眼の中のゼリーは後部硝子体という袋のなかに入っていますが、年齢とともに後部硝子体が網膜から剥がれていきます。自覚的にはそれが眼の中のゴミのようなものとして写り、眼を動かすと一緒に動いて見えるようになります。時に網膜に穴が開いたり、網膜が剥がれた状態の症状として出てくる場合があり、このような症状が出た場合は受診をお勧めします。

主な症状 黒いものが動く 見えづらい箇所がある など


網膜に穴があき網膜が剥がれてしまう病気
裂孔原性網膜剥離とは、網膜に穴があき、そこから眼の中の水が網膜の下に入り込んで網膜が剥がれてしまう病気です。治療としては初期にはレーザー網膜光凝固で治療が可能である場合がありますが、剥離が進んでいる場合は手術が必要になります。初期は自覚症状がありませんので、網膜に穴が開いているかどうかは、自分では分かりませんが、眼の中に蚊のような黒いものが動いて見える( 飛蚊症) が初期症状の場合があります。網膜剥離が進行してくると視界の中に見えない箇所が出てきます。自然と治ることはありませんし、放置してしまうと眼の中にカサブタのような膜が張ってきて、治療が困難な状況になりますので、このような症状が現れた時は受診をお勧めします。

主な症状 黒いものが動く 見えづらい箇所がある など